大河内 敦の裏blog

広告会社に勤める一級建築士のPC自作日記

みなさま、明けましておめでとうございます。

本年も、この「広告代理店に勤める一級建築士のPC自作日記 大河内敦の裏blog」をよろしくお願いいたします。
昨年のお盆過ぎから、現在自宅にあるCDライブラリー計1,000枚強のリッピングにセッセセッセと取り組んで来まして、現在ほぼイメージ通りのものが完成しています。

f:id:ats-forldn2012:20170805193239j:plain

f:id:ats-forldn2012:20190104203859j:plain

今年は、まず、このライブラリーのPC上での再現プロセスについてのご紹介から始めます。

ようやく、記念のハイレゾ音源をダウンロード。

ダウンローダーも無事インストール出来たところで、ハイレゾ音源配信サイト eーonkyo で二つのハイレゾ音源を購入した。

■  Gavriel Lipkind,
  バッハ  Complete Suites for Cello Solo

f:id:ats-forldn2012:20180915133804j:plain

実は、私の初めてのハイレゾ体験は、このGavriel Lipkindのチェロのソロ演奏だった。ヘッドホンでの試聴だったが、残響の再現が緻密で空間に音が帯状に流れ拡がって行く様な感覚に襲われ、ものすごく興奮した。この体験がなければ、自作PCにここまでのハイレゾ環境を作ってなかったかもしれない。

■ YES,
  The Steven Wilson Remixes 

f:id:ats-forldn2012:20180915133640j:plain

YESは、もともと中高生時代に良く聴いていた。 ~ バカテクのプログレバンドとして独特の存在感を放っていた彼らの正確無比でスリリングな演奏は、機械仕掛けの様なクールな音が印象的だった。しかし、最近発売されたこのハイレゾ・リマスターでは、当時は感じることが出来なかった演奏の生々しさをリアルに感じることが出来る音になっていた。中高生時代に感じていたクールさとは真逆の、ホットな生々しさ。もちろん、これはハイレゾ音源の信号の稠密さからくる音空間再現力によるもの。昔聴きなれた彼らの全盛期の代表アルバム5タイトルが、リミックス・リマスタリングで新しい生命を吹き込まて、まるっきり違うレベルのリアルな表情で再生されるのは、新鮮な快感。

それぞれ、36曲と26曲収録のアルバム。Lipkindは非圧縮のWAVファイルで、一方、大作が多いYESの場合はflacだが一曲が20分以上になるものもあり、いずれにしてもデータ量は大きい。 ~ 合計10Gぐらいか。一括ダウンロードを始めて、一時間以上かかって無事終了した。

f:id:ats-forldn2012:20180916081708j:plain

iPadでリモートコントロールしながら聴いてみる。音がリアルで生々しい。Lipkindの息の音が聞こえ、YESの ROUND ABOUT の出だしのギターの音は水晶の様な透明感だ。リアルで稠密な音、いつまでも聴いていたくなる。 ~ 最近、会社にいても、ふとした瞬間、早くうちに帰ってステレオの前に座りたくなる。こんな感覚は久しぶりである。

ハイレゾ音源をダウンロードしようとすると・・・(2)

eーonkyoのサイトで、アルバムを一括ダウンロード出来るダウンローダーをインストールしようとすると、ブロックがかかる。一曲づつダウンロードするならそれでもいいが、せっかくここまでシステムアップできたので、なんとかハイレゾ音源の購入もスマートにできるようにしたい。

まず、セキュリティ・ソフトを解除したりするがブロックされたまま。Windows側のセキュリティ設定か。メニュー画面をみて色々いじくってはみるが一向にブロックが解除されない。しかし、また、とても参考になるサイトが見つかり( → 「セキュリティ設定は、このアプリケーションがこのコンピューターにインストールされることを許可していません。」と出た件に関するメモ。 | Alvis-K-Hamiltonに関するメモ。)この通りに作業を進めることに。

f:id:ats-forldn2012:20180915143624j:plain

まず、regegitで検索をかけて、出てきた画面で、
HKEY_LOCAL_MACHINE>SOFTWERE>Microsoft>.NETFramework>Security>TrustManager>Promptinglevel と、ツリーを選択し、

f:id:ats-forldn2012:20180915143743j:plain

出てきた画面でInternetを選択。

f:id:ats-forldn2012:20180915143825j:plain

「値のデータ欄」をDisabled→Enabledに変更。

f:id:ats-forldn2012:20180915143856j:plain f:id:ats-forldn2012:20180915143930j:plain

この状態で再度setup.exeをクリックするとブロックが解除され、インストールするかどうか訊いてきて、「インストールする」を選択すると、無事インストールができた。

f:id:ats-forldn2012:20180915143953j:plain

f:id:ats-forldn2012:20180915150338j:plain

ハイレゾ音源をダウンロードしようとすると・・・

息子のおかげで、短時間に新しいWi-fiルーターでのネットワーク環境が完成した。通信状態も安定しているので、新・オーディオ環境の完成もあり、前から気になっていたハイレゾ音源を購入することに。

購読誌であるNet-Audioのおまけ・ハイレゾ録り下ろし音源のダウンロード・サイトであるe-onkyoのサイトを、わたしは普段から覗いていて無料音源ダウンロード以外は、いろいろ試聴するだけ客だったのだが、ついにお金を出してここから購入することにする。もともと、音楽データの販売サイトというのは一曲単位の購入が大前提になっているのだが、今回はアルバム買いをするつもり。一方、e-onkyoも長らく一曲単位での販売が主体になっており、アルバム買いをするにも、一曲づつ購入コマンドを入れていく方式だったのだが、専用のダウンローダー・ソフトがリリースされ、このソフトをインストールすればアルバムまとめて一発でダウンロードが出来る様になった。

で、問題はこのダウンローダー・ソフトのインストールである。なぜか私のPCではダウンロードは出来ても、インストールがブロックされてしまうのである。

f:id:ats-forldn2012:20180915152839j:plain

ちなみに、もう一つ使っているVAIOのノートブックでは、「この変更を加えますか?」と、一応訊いては来るものの、インストール出来た。またまた問題勃発・・・・
なんか、エアステーションの回線登録画面にログインできない状況と似ている様な・・・

Wi-fiがブツブツ切れる様になる(2)

で、新しいルーターでのWi-fiの設定である。裏のスイッチを確認して、コンセントにつなぐとしばらくして無線をPCが受信して、右下の無線マークをクリックすると新しい周波数帯が現れる。それをクリックしてセキュリティーキーを入力すると、先ずルーターとPCがつながる。~ 次はセキュリティ解除のために、ルーターにつながっている回線情報などを登録する必要があるのだが、ここで何故か登録画面に行くことが出来ないという現象が起こる。あらかじめメーカーから指定されたユーザー名とパスワードを入れてログインボタンを押すのだが、全然反応しないのである。

f:id:ats-forldn2012:20180915131155j:plain

同じことを何度かやってみて、諦め、晩メシを食い始める。すると、公務員試験の問題集を食卓で解いていた大学生の息子(息子は大学生なのに、いまだに夏になると小学生の様にダイニングテーブルで勉強する。)が、「もう一問解いたら、自分がやってみる。」とのこと。 ~ どうも、別のパソコンで同じことをやってみて、ちゃんとログイン出来れば、それはルーターの問題ではなくオヤジのPCの問題であり、また、回線情報の登録は、別にオヤジのPCでなくても、それこそスマホでも出来る・・・・いずれにしても一度登録さえできれば、あとはセキュリティが解除されて、家じゅうのPC、スマホがつながるはず・・・というのが息子のイメージらしい。

息子は自分のノートPCを持ってそそくさと私の部屋に入り、あっさりと、回線の登録を済ませた。~ やはり私のPCでは登録できなかったが、自分のノートPCではあっさり登録できたらしい。あとは次々と自分のスマホ、カミさんのスマホを新しい周波数帯に接続し直して、我が家の新ルーターによるネットワーク環境の設定は、息子の手によりあっさりと完了した。 ~ 持つべきものは、優秀な息子である。しかし、なんで私のPCでは登録できなかったのだろう???

Wi-fiがブツブツ切れる様になる。

昔は何ともなかったのだが、最近、Wi-fiがブツブツ切れる様になった。

f:id:ats-forldn2012:20180915130439j:plain

サイトにアクセスしても表示が遅く、場合によっては、途中で無線が切れてしまい表示できない事も多くなった。かと思えば急につながったり、とにかく不安定だ。PCオーディオの再生ソフトを整理したところで、これからハイレゾ音源も調達して、「いい音聴くぞ~!!」と、意気込んでいるのに、これでは安心して音源のダウンロードが出来ない。とりあえず、やったことのないWi-fiルーターのドライバーのアップデートをしてみたりもしたが、ダメだ。

会社で同僚でデジタルに詳しいToshiさんに意見を訊いてみると、「多分、ご近所に強力なWi-fiルーターを設置した人がいて、その人と周波数帯が競合しているのだろう。」とのこと。Toshiさんは、博覧会場の運営システムの設計・運用を担当した経験があったりして、無線LANには詳しいのだ。 ~ しょうがない。家電料金店のポイントが12,000円くらいたまってたので、それを使って強力なWi-fiルーターを購入した。f:id:ats-forldn2012:20180915130516j:plain
(近所の方の無線に干渉するかな?まぁ、イタチごっこにならない様、周波数帯の設定なんかもこの際勉強してみよう。)

しかし、しばらく見ないうちにルーターも、パワーは強力に・サイズはコンパクトになっている。

f:id:ats-forldn2012:20180915130814j:plain

音楽再生ソフト再考 (おまけ)          JRMCをリモコン操作する。

普段使いのソフトは、JRiver Media Center(JRMC)に決めた。

あと、このソフトのいいところは、JRemoteというスマホ用コントロールアプリがあり、それをダウンロードすると、NASとネットワークオーディオプレイヤーを使った環境の様に、スマホタブレットで選曲・再生ができる。もともと、ネットワークオーディオ化するにしてもまだまだ先のことかと考えていたが、今の環境は音楽を聴くとき、いちいちPC画面で選曲・再生ボタンをクリックしてからあわててリスニングポジションに行くという、音楽鑑賞というにはあんまりリラックス出来ない、優雅でない操作が前提になっていたので、それが不満と言えば不満であった。 ~ しかし、これからはリスニングポジションに座ったまま、優雅に選曲・再生のコマンドが出せる。

試しに、iPhoneでApple StoreからJRemoteを購入・ダウンロードし、設定をしてみる。

f:id:ats-forldn2012:20180915131957j:plain

~ 自作PC本体をサーバーとして設定し、クライアントのiPhoneから指令を出してコントロールすることになる。そのサーバーの設定が難しいかな、と、思っていたが、とっても参考になるサイト(→ iPad/iPhoneからJRiver Media Centerを操作するのです。それがネットワークオーディオ - ハイレゾる)が見つかり、おかげで30分くらいであっさり設定できた。

でも、やはりiPhoneでは画面が小さいので、思い切ってiPadの一番安いWi-fiモデルを手配、再度 JRemote をインストールした。(ちなみに、iPhoneと共通のApple IDで購入するので、今回はタダで追加インストールできる。) ~ アルバムのアートワークが大きめの画面にレイアウトされ、操作できるメニューも増えた。特に、再生ドライバーをiPad側からコントロールできるのはうれしい発見だった。

f:id:ats-forldn2012:20180915134303j:plain

f:id:ats-forldn2012:20180915135309j:plain

これで、リスニングポジションに居ながらにして選曲ができるばかりか、今ある MARANZ+B&W、TRIODE+TANNOY、の二系統のどちらで再生するかの選択も手元操作で済ませられる。音も満足が行く環境にできたし、ドライバーの選択肢も増えたので、今後いろいろ試せる様になった。ここからは、じっくり時間をかけで自分好みのチューンナップを進めていけばよい。

以上、私の音楽再生ソフトの再検討プロセスでした。 ~ もとはと言えば、長らく使っていたSONYのMedia Goの調子が悪くなったところに端を発した今回の再考は、結構満足のいく形で帰結できたと思う。