読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大河内 敦の裏blog

広告会社に勤める一級建築士のPC自作日記

<ブルースクリーン頻発>           とりあえずやれることを。

これ以上、対策が思いつかない。あまりのショックに、いっそパーツをマルッと下取りに出して買い換えようかとか考え始めるが、今まで以上にサクサク動くようになり、また、ブルースクリーンの発生回数も以前と違い五日に一回くらいになってるのも事実なので、やれることをしながら、何度目かの様子見をすることに。

まず、ソフトを整理。
 ・不要なソフトをアンインストール
 ・ドライバーを最新版に更新。
ここまでをまずやることにした。

特に、以前のマシンでカラーマネジメントを試行錯誤したプロセスで、いろいろな関連ソフトがインストールされている。中には、Windows10ではまともに動いてくれなかったり、そもそも、測定器すら認識してくれないものもある。Windows7環境なら何の問題もない素晴らしいソフトたちだったが、ドライバーの不整合ですらブルースクリーンの原因になる状況下ではリスクになりうる。これを機会にアンインストールすることに。と、言うか、音楽と写真のデータのバックアップを取り、ハードディスク自体をフォーマットして、キレイさっぱり断捨離しまうことにした。

f:id:ats-forldn2012:20170409090316j:plain

一度、クイックフォーマットをかけて、ソフトやデータが一掃されたことを確認し、再度、クイックフォーマットのチェックを外してフォーマットしなおした。2TBで5~6時間くらいかかったかな。
Windowsの設定メニューの新しいデータの保存先を、SSDからフォーマットしたHDDに設定。出来たフォルダーの中に、写真と音楽のデータを保存しなおし、音楽プレイヤーの読込先を新しいフォルダーに設定。さらに、写真現像ソフトを立ち上げて、新しいフォルダーから読込めることを確認。HDDの中がサッパリした。

f:id:ats-forldn2012:20170409090338j:plain

次に、Windows10におまけでついてくる不要なソフト。特に私がやらないゲーム関連のアプリとか、何とかならんかなと思ってたら、ディープアンインストールしてくれるソフトが見つかる。以前、ドライバーアップデートで使った、Driver Boosterと同じメーカーの10bit Uninstallerというもの。Windowsメニューでは消えてくれないX-Boxなんかもキレイさっぱり消してくれる。

f:id:ats-forldn2012:20170409091011j:plain

以上、自分が使うソフト最低限のみがある状態にして、そのソフトやドライバーを最新版にアップデート。さらに、ディスクエラーチェックや最適化を行うと、心なしか起動も早くなった。これでしばらく様子を見よう。