読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大河内 敦の裏blog

広告会社に勤める一級建築士のPC自作日記

<ブルースクリーン頻発>           とりあえずやれることを・・・の続き

でも、やはりだめだった。

ハードディスクをフォーマットしたその二日後、またもや・・・・

f:id:ats-forldn2012:20170412064138j:plain

MEMORY_MANAGEMENTだ。
そして、ntoskrnl.exe。

f:id:ats-forldn2012:20170412064151j:plain

あと、原因究明にどこまで有効かわからないが、Memtest86でエラーゼロだったメモリーを、別の方法でチェックしてみることに。何でも、Memtest86によるチェックは、最初エラーゼロでも何度か廻すとエラーが出ることもあるとの事なので、一回のチェックで無条件に大丈夫と思いこむことも出来ないと思った。
Toshiさんのアドバイスに従い、4枚あるメモリーを二枚ずつ試してみる。幸い8G×4枚の32Gが2枚の16Gになってたところで、通常の使用で不愉快なほどスピードが変わるわけではない。

f:id:ats-forldn2012:20170412064227j:plain

まず4枚全部抜いて番号シールを貼り、No.1とNo.2だけを差し込む。差し込む位置は、A2スロットとB2スロットだ。
これでブルースクリーンが出る出ないを検証したうえで、次にNo.3とNo.4と取り換えて、同様のことをする。もし、一方で発生して、一方で発生しなければ、次にNo.1とNo.3、No.2No.4、という風に組み合わせを変えたうえで同じことを繰り返してみる。ブルースクリーンが発生した組み合わせに共通するメモリが怪しいというということになる。すべての組み合わせでブルスクリーンが発生したら、やはり、原因はメモリではないということだ。

f:id:ats-forldn2012:20170412064244j:plain