大河内 敦の裏blog

広告会社に勤める一級建築士のPC自作日記

MARANTZさん、ネットワークオーディオプレーヤーって??

昔から、マランツのアンプが気になっていて、十数年前に名古屋でオーディオ機器のチューンナップショップでB&Wのスピーカーとの組み合わせた音を聴いてから「いつかはマランツ」と思い続けている。

で、そのマランツも昨今の音楽ダウンロードやPCオーディオ、ハイレゾへの対応で、ネットワークオーディオプレーヤー(NAP)なるものを出している。このマシンが何するものかよくわからなかった。なんか名前からすると、音楽をストレージしておいて、家中どこでも聴けるNASみたいなイメージを漠然と持っていた(名前似てるし)が、基本ステレオ前提の商品作りを続けているピュアオーディオのメーカーのマランツがそんなカジュアルな製品を、それもン10万円の価格設定で出すかいな???と思っていた。またそうだとすると、アルバム数百枚のアーカイブの中から聴きたい音楽にアクセスするには、マシンについているモニター画面が小さすぎる。

家電店の店員さんに訊けばいいだけなのだが、マランツをちゃんと置いてるお店というのも限られてて、なかなかその機会がなかったのだが、灯台もと暗し、会社の帰りに駅前の大型家電店に実物とともにシステムコンポが展示されているのを発見した。

f:id:ats-forldn2012:20170721073742j:plain

眺めていると、店員さんが近づいてきたので、訊いてみる。「すごい初歩的な事訊くのですが、このネットワークオーディオプレーヤーというのは、音楽をストレージしておいてWi-fiで飛ばして聴くモンですか?」「いえ、ストレージ機能は無くて、PCやハードディスクと繋いでそこにためてある音楽を聴くモンです。」~なんと! 「デジタル音源をアナログ変換してアンプに送るモンだと。」「そうそう」「それってディーエーシー(DAC)とどう違うのですか?」「ディーエーシー??」「デジタルアナログコンバーター」「あぁ、ダック(DAC)! この機械はダックです。」え~!! マランツの「ネットワークオーディオプレーヤー」の正体は、ただの「DAC」てか。

「失礼な質問ですが、それしきの機能でなんで定価が33万??」「ノイズ防止に手間をかけているので。外部からのノイズ混入防止のために筐体をしっかり作っているのと、回路的にも音データーがインプットされた際にノイズをシャットダウンする工夫がなされています。PCはノイズの塊なので。」なるほど、さすがピュアオーディオメーカー。やっとマランツがこのマシンを高い値段で出してる理由が分かった。

で、もう一つ疑問があった。「PCやハードディスクにアルバム100枚単位のストレージがあった場合、聴きたい曲をこの小さいモニター画面で探すの大変じゃないスか?」「大変です。なので、たくさんの音源が入ってる場合、あらかじめフォルダなどでファイルを整理して置かないとダメです。」そうか~。

と、言う訳でマランツさんのニューカテゴリープロダクト“ネットワークオーディオプレーヤー”は、意外と単純な商品だった。でも、音はいいんだろうな。 ~ いつかは、マランツ

この裏blogも一年。

ブルースクリーン発生に振り回されながらもやっとケリがついたこのタイミングで、狙ったみたいだが、気がついたらこのblogを始めて今日で一年たった様である。このblogを始める前にも、レベル低いなりにカラーマネジメントハイレゾオーディオ導入といったそれなりのPCのチューニングをしていたが、今から考えるとかなり行き当たりばったりにやっていたと思う。人に見られるという緊張感の中で、blogに経緯を文章にしてまとめ、公開していると、自分がしていることに極めて意識的になる。昔、自分のしていることをNet上にあげるという行為(例えば、Twitterの「焼肉なう~www」とかの類。)に、個人的にはあまり意味が見いだせなかったのだが、頭の整理にはかなりいい影響がある。実際、このblogをせずにブルースクリーンへの対応をしていたら、おんなじことを繰り返したりして、もっと行き当たりばったりの対応をしていただろう。

で、実際過去一年分の記事を読み返してみると、結構たくさんことをの忘れているのに気が付いたりもする。備忘録としても意味があるようだ。とは言いながら、当初イメージしたPCに近いものが出来てるのではないだろうか。

f:id:ats-forldn2012:20160726211545j:plain

f:id:ats-forldn2012:20170708193012j:plain

写真データの読み込みも早く、PCオーディオもカジュアルにいい音を鳴らしてくれている。~ 今もこの文章を書きながら音楽を聴いているが、モニターの向こうからボーカルが聴こえてくる様なクリアな音像定位を実現している。作業環境としては、以前と比べて格段の進歩を遂げている。快適な環境と言っていい。

わたしは、一度完成したものを、また無意味にいじってしまう悪い癖があるのだが(たとえば、先日まで新しいPCケースが気になってしょうがなかった。いまのシンプルなケースと比べてそんなにカッコいいとか、スペック的に優れているとかいうわけでもないのだが。最近はまた何とも思わなくなったが。もし、あのタイミングでドスパラ三ノ宮店でそのケースの実物が展示されていたら、買って帰って、調子がよくなったPCをまた、分解して組み立てなおしていたかもしれない。で、組みあがったもののスペックは以前と変わらない。逆に組み立てなおしたら、調子がまた悪くなるリスクだってある。無意味なチューニングだ。たとえば、そんなことをしてしまう癖がある。)そのくせ、肝心のカラーマネジメントにはまだ手を付けていない。クロックチューンのテストもしていない。BIOSについてもマスターしたとは言い難い。余計な目移りをしないで、やらなければならないことを順次やっていくとしよう。

と、いうわけで、この一年、たくさんの方からアクセスをいただきました。自作PCというコアな趣味に特化したblogですが、はてなのキーワード別まとめサイトがあるからか、私の「表の方の」ホームページ(広告会社な勤める一級建築士 大河内 敦の個人ホームページ;https://www.likeamiracle.me/)よりも多くの方にご覧いただいている様な状況です。ありがとうございます。

つたない知識での自作PC制作記、読んでいただいている方に、私の試行錯誤が何らかの役に立てていればと、願うばかりです。実は、次回は何にトライして、何を書くのかまだ決めていないのですが、ご興味のある方は、引き続きお読みいただければと思います。よろしくお願いいたします。

<ブルースクリーン頻発・ついに完治>     ~ ブルースクリーンの顛末・まとめ-2.

対処の考え方のまとめもしておこう。

ブルースクリーンの原因には、ソフト的なものとハード的なものがある。

・ソフト的なものでまず疑うのはOSがちゃんとインストール出来ていないこと。
 OSのプロダクトキーがあれば、ネット上でいつでもWindows10最新版の
 インストールディスクが作れる。USBメモリが便利。
・この時、各種ドライバーもアップデートしてしまうのが良い。

・ハード的なものでまず疑うのはメモリである。
・ウィンドウズのメニューや、MemTestというフリーソフトでメモリのエラーが
 出るかチェックできる。但し、万能ではない。エラーの確認がされなかった場合でも、
 メモリが複数枚ある場合は一つづつ個別に使ってみてエラーの発生状況を確認するべき。
 私はそれで原因を突き止めることが出来た。

・発生の履歴やコードを記録してあとから見ることが出来るBlueScreenViewという
 フリーソフトがある。

・親切にも、エラーコード別に対処をまとめたものが、Mouse Computerのサイトに
 ある。

     ↓    ↓    ↓

 https://www2.mouse-jp.co.jp/ssl/user_support2/sc_trouble_check_question.asp?DISP_ID=526%2C561

・このメニューに基本的対処が出でいるので、書いてあることを参考にしらみつぶしにいろいろ
 チェックを入れていくのが良い。

・ほかの原因としては、OSをはじめとしたプログラムがインストールされているSSDやハード
 ディスクの製品不良、不安定な電圧ということもあるらしい。
 ただし、こういった原因は購入から使用開始時に初期症状として現れることが多いとのこと。

・最大のアドバイスは、頼りにできるお店を確保しておくことだ。
 (私の場合 → http://likeamiracle.hatenablog.com/entry/2016/08/20/000000

 出来れば自作PC開始時、
 パーツ購入前に複数のお店で店員さんの対応をよく見たうえでお店を決め、それ以降の追加の
 部品の購入も含め、発注先をできるだけそこに絞ること。パーツのほぼすべてそのお店からの
 購入品だと、システムアップしてから何かあったときの対処もちゃんとしてくれる。私の場合、
 今回の件をきっかけに別の不具合が見つかり、マザーボードを無償交換してもらえた。

以上、今回の経緯とまとめだ。
こうやって書いてみると、当たり前のことばかりに思えるが、それもこれも、解決した今だからこうやって整理できているわけだ。とにかく、直ってよかった。自作PCにちょっと自信が持てたし、ドスパラ三宮店の店員さんにも感謝しなければならない。

以上をもって、このBlogで約60回に及んだブルースクリーン奮闘記のお話は終わりにしよう。

f:id:ats-forldn2012:20170625011340j:plain

  ※奮闘の途中、MOUSE COMPUTERのサイトで出会った乃木坂の齋藤飛鳥さん、
   存在感増してきました。
   女性に人気がある模様。作ってないカンジがいいんでしょう。

<ブルースクリーン頻発・ついに完治>     ~ ブルースクリーンの顛末・まとめ-1

PCをリスタートして、更に一週間。マシンは順調に動いている。ブルースクリーン「完治」だ。

せっかくなので、これまでの経緯をまとめておこう。

1.【初期】

 ブルースクリーン発生

 -画面がすぐ消えてしまうのでスマホで撮影・エラーコードを記録。
 -MOUSE COMPUTERのサイトでエラー別対処法メニューを見つける。
 -このメニューにそって、しらみつぶしに対処を試みようとする矢先、
  このメニューにないエラーコードが発生。

2.【とりあえずの対処期】

 MOUSE COMPUTERのサイトでエラー別対処法メニューを参考に
 とりあえず対処を始める。

 -Windows10をアップデート。
 -Windowsメニューでメモリチェック
 -ドライバーをアップデート
 -メモリを外してスロットに挿す順番を入れ替え。
    (→この時、メモリ個別の動作テストを実施せず。
      これをこの時行っていればもっと早く直っていた。)

    ~ブルースクリーンは発生し続けた。

3.【診断アプリ期】

 -Blue Screen Viewというフリーソフト発見。
  オートマチックにエラーの記録ができるようになると同時に、
  ハードとソフトの橋渡しのところで発生している様な状況が何となく解った。
 -ハード側の検証に、MemTestというメモリチェック用のフリーソフトを発見。
  チェックをかけるがエラー発生せず。
 -ソフト側の対処として、OSのクリーンインストールを決意する。が・・・

4.【自力解決をあきらめ期】

 -PCが動かなくなってしまう。→ 自力解決をあきらめドスパラ三ノ宮店へ修理に出す。
  OSがきっちり入っていないことが原因になることが多いとのことなので、
  自分のインストールディスクではなく、お店のインストールディスクで
  クリーンインストールをお願いする。
  この時、回復ディスクも作ってもらうことに。

 -戻ってきたマシンのグラボをQuadroに交換、ドライバーも入れ替える。
 -タブレットモードにしてタイルの場所を移動させようとすると、タイルが消える事象が発生。
  再度修理に出す。OSインストールしなおし。
  今度はQuadroのドライバーもお店で入れてもらうことに。

 -もどって来たマシンにブルースクリーンが発生する。
  また、回復ディスクで回復もできなかったので、再々度の修理に出す。
 -お店で修理中に画面にドット発生。マザーボードを無償交換してくれることになった。

5.【再度の自力解決期】

 -マザーボードを交換してもブルースクリーンが発生したためSSDを新品に買い替えて、
  自分でOSのインストールをし直し、
  また、インストールするソフトやブラウザも必要最低限に絞るも、事態は改善されず。
 -これ以上の対処が思いつかなくなるが、気をとりなおして、とりあえずまだやれていなかった
  メモリの差し替え・交換テストをしてみることにした。
  メモリ四枚に番号シールを貼り、No1.と2、No3.と4、No1.と3・・・という風
  に任意の二枚を選んで組み合わせ装着したところ、
  No.3のメモリが使用されているときに動作が不安定になることが判明。
 -メーカーの代理店に直接連絡、症状を説明すると新品交換という対処をしてくれた。
      
        ~メモリを交換・装着後はブルースクリーン発生していない。

これがこの約7~8か月の経緯である。

<ブルースクリーン頻発>           ~ 祝・完治!

メモリを交換した後、OSをクリーンインストール。ソフトもデータも入れなおして、さらに一週間。ブルースクリーンは発生していない。結局原因はメモリNo.3にあったと言うことだ。この半年以上、いろんなことを試した。その過程でずいぶん勉強にもなったし、ドスパラ三ノ宮店さんにもお世話になった。試行錯誤のプロセスをこのblogに書き綴った。

もうこれ以上何をしたらいいか解らない。もう、お手上げ・・・というところで、あまり期待もせずに、でもやれることはやろうと、最後のさいごにメモリを挿し変えテストをしなければ、今も結局原因がわからず、PCをバラして部品を売り払ってマルっと買いなおしていたかもしれない。だいたい、仕事でも勉強でも身体のことでも、不調になるとああでもないこうでもないといろいろ思い悩むが、チョッとしたことでいとも簡単に改善することが多い、と、思う。今回もそれを確認することとなった。

試行錯誤のプロセスの記録に、画面の写真をスマホで撮りつづけていた。そのブルースクリーンの画像がたくさん入っていた。

f:id:ats-forldn2012:20170624232949j:plain

が、気分にケジメをつけるため削除した。

f:id:ats-forldn2012:20170624232518j:plain

さて次回、最後の最後に今回の振り返りを一度行う。
で、ブルースクリーンのことはすっかりサッパリ忘れる。この後、何をしようかね。

<ブルースクリーン頻発>           ~ 完治最終確認のためのケジメの儀式。

ブルースクリーン完治を最終確認するにあたり、ケジメの儀式。PCをリセットする。

先ず、データのバックアップを取り、OSのインストールディスクを作ったら、バーツを一度本体から取り外し放電させた。

f:id:ats-forldn2012:20170618141352j:plain

録りためたビデオを見て時間を潰し4時間くらい放置したあと、再度セットアップ、BIOS画面でメモリその他が認識されていることを確認。(ボタン電池まで外してたのでクロックの表示が変である。)

f:id:ats-forldn2012:20170618154637j:plain

いよいよクリーンインストールに取りかかる。
ちなみに、今回の一連の作業は有線で行った。ドスパラ三ノ宮店の店員さんが言ってたみたいに、OSのインストールはチャンと手順通りにやっててもネットワーク環境でミスる事があるらしいので。(写真は、LANケーブルが長々と自宅の廊下を這っている模様。)

f:id:ats-forldn2012:20170618154951j:plain

まずは、ストレージをフォーマット。
さらにインストール時には、潔く「何も引き継がない」を選択。

f:id:ats-forldn2012:20170618154744j:plain

そして、OSインストール開始。

f:id:ats-forldn2012:20170618154800j:plain

無事、クリーンインストール完了。

f:id:ats-forldn2012:20170618154829j:plain

次に何はなくとも、ウィルスバスターのセッティングである。

f:id:ats-forldn2012:20170618225812j:plain
f:id:ats-forldn2012:20170618230345j:plain

これも無事完了。

あとは、ドライバー、アプリ、ブラウザーなどを入れていく。

ブラウザーは、IE、Chrome、FireFox、Edgeの4種類

・写真、グラフィック系ソフトは、Adobeの
  Lightroom
  Bridge
  Photoshop
  Illustrator
  In Design

・音楽系に、Walkman連携が得意な、SONYのMedia Go

f:id:ats-forldn2012:20170618232007j:plain

そして今回新たにインストールしたのが、メンテナンス系のアプリとして、IObit社の
・DriveBooster
・Uninstaller
・Smart Defrag
・Advanced System Care、
の4本を入れさせてもらう。これらは今までドライバーのアップデートやソフトのアンインストールなどで個別にお世話になっていたが、今回意識的に4つそろってお世話になることに決めた。
ちなみに、今までさんざんお世話になった Blue Screen View は今回入れないことにした(笑)。

さらに、
・日本語入力システム ATOK
・ログイン情報を一元管理するための Sticky Password

f:id:ats-forldn2012:20170618232025j:plain

次に、ここまでインストールを終えたところで
・Windows10と一緒に入ってくる不要なソフト(私の場合は特にゲーム系)をUninstallerを使ってディープアンインストール、
・ブラウザのキャッシュの保管先をプログラム用でないもう一つのSSDに変更、
・音楽ソフトの再生サウンド設定、

といった設定系を済ませ、いったんのリフレッシュ・セレモニー作業終了。

最後の最後に、
・ジャンクファイルの整理などをAdvanced System Careで行い、
・Smart Defragでデフラグをかけたところで、
・いつでもこの状況に戻れる様に回復ポイントを設定した。

これであと一週間動かしてみて、ブルースクリーンが発生しなければ、正式に解決したと解釈できる。しかし、長かった。途中で、私には原因解明は不可能かと思ったりしたが、最後の最後に出来ることをしようとメモリの抜き挿しチェックを行ったことが奏功した。よかった。

  

<ブルースクリーン頻発>           ~ ブルースクリーンが発生せずに、      一週間がたったので。

交換で新品で送られてきたメモリに挿し換えて一週間がたった。いくつかのソフトもインストールしたが、ブルースクリーンは発生していない。

何度か書いた様に、ブルースクリーンが発生する時は一週間以内に発生している。一旦「完治した」と判断しよう。

このままの落ち着いた状態で使い続けていてもいいのだが、半年以上も悩み続けてあれこれやって、やっと「完治」したわけだから、何かケジメが欲しくなり、一度マシンをリセットしたくなった。リセットして、リスタートだ。

具体的には、OSをクリーンインストールする。で、どれほどの意味があるかわからないが、クリーンインストールの前に、コンセントを抜き、メモリを外し、SSDも外し、HDDのSATAも外し、マザーボードボタン電池も外して、しばらく置く。一応、放電が目的だが、ほんとはHDDなんかはあんまり関係ないと思われるので、まぁ、セレモニーです。

その前に、Windows10のの最新版がインストールできる様に、USBにインストールディスクを制作しておく。

f:id:ats-forldn2012:20170618140844j:plain

あと、音楽と写真データのバックアップを取り、本体から取り外す。

f:id:ats-forldn2012:20170618140939j:plain