読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大河内 敦の裏blog

広告会社に勤める一級建築士のPC自作日記

<ブルースクリーン頻発>           ブルースクリーン再現。

メモリをNo.3とNo.4に交換して四日目、久しぶりにブルースクリーンが発生した。

f:id:ats-forldn2012:20170428073322j:plain

今度は、BAD_POOL_HEADERだ。そして、NTFS.sys

f:id:ats-forldn2012:20170428073443j:plain

さらに一週間後、

IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL。そして、おなじみのntoskml.exe。

f:id:ats-forldn2012:20170502080154j:plain

f:id:ats-forldn2012:20170502080200j:plain

この組み合わせでブルースクリーンが再現できたので、次に、No.1とNo.3で試してみる。

f:id:ats-forldn2012:20170502082722j:plain

<ブルースクリーン頻発>           メモリを二枚に減らして、二週間。

なんと、ブルースクリーンが発生しなくなって二週間がたった。このままそっとしておくのも手なのだが、それも何だかつまらなく思え、やはりメモリを差し替えてみることに。

次は、メモリNo.3とNo.4、差し込むスロットは同じくA2とB2だ。

f:id:ats-forldn2012:20170425063835j:plain

これで、ブルースクリーンの再現されれば、原因究明に一歩近づく。(再現されなければ、また、ワケが分からなくなるが・・・)

<ブルースクリーン頻発>           メモリを二枚に減らして、10日目。

ブルースクリーンは発生しないで10日目になった。このままそっとして置くのも手なのだが、ここで前回アイコン増殖事件で悩まされたAdobe Bridgeをインストールしてみることに。

ここしばらくインストールソフトを最低限に絞った状態をキープしてきたが、その間に公園の桜が満開になったり、好きで応援しているアーチストのライブがあったりで、その際に撮影した写真データが数千枚単位に膨れ上がっていた。その取捨選択をしなければならないのだが、使い慣れた整理ソフトでないと作業効率が悪い。マシンの状況が改善したら、いずれインストールしなければならないソフトなので、このタイミングで入れてみることにした。

f:id:ats-forldn2012:20170423074116j:plain

<ブルースクリーン頻発>           メモリを二枚に減らして、一週間。

なんと、ブルースクリーンが一週間発生していない。ちなみに一週間というのは、ブルースクリーンが発生し始めてから最長タイである。このまま発生しなければ、現状でそっとしておくか、念のためメモリを別の二本に挿し変えて再度発生状況を確認するか・・・悩ましいところである。一応、10日まで待って、次の対処に移るなら移るとしよう。

<ブルースクリーン頻発>           とりあえずやれることを・・・の続き

でも、やはりだめだった。

ハードディスクをフォーマットしたその二日後、またもや・・・・

f:id:ats-forldn2012:20170412064138j:plain

MEMORY_MANAGEMENTだ。
そして、ntoskrnl.exe。

f:id:ats-forldn2012:20170412064151j:plain

あと、原因究明にどこまで有効かわからないが、Memtest86でエラーゼロだったメモリーを、別の方法でチェックしてみることに。何でも、Memtest86によるチェックは、最初エラーゼロでも何度か廻すとエラーが出ることもあるとの事なので、一回のチェックで無条件に大丈夫と思いこむことも出来ないと思った。
Toshiさんのアドバイスに従い、4枚あるメモリーを二枚ずつ試してみる。幸い8G×4枚の32Gが2枚の16Gになってたところで、通常の使用で不愉快なほどスピードが変わるわけではない。

f:id:ats-forldn2012:20170412064227j:plain

まず4枚全部抜いて番号シールを貼り、No.1とNo.2だけを差し込む。差し込む位置は、A2スロットとB2スロットだ。
これでブルースクリーンが出る出ないを検証したうえで、次にNo.3とNo.4と取り換えて、同様のことをする。もし、一方で発生して、一方で発生しなければ、次にNo.1とNo.3、No.2No.4、という風に組み合わせを変えたうえで同じことを繰り返してみる。ブルースクリーンが発生した組み合わせに共通するメモリが怪しいというということになる。すべての組み合わせでブルスクリーンが発生したら、やはり、原因はメモリではないということだ。

f:id:ats-forldn2012:20170412064244j:plain

<ブルースクリーン頻発>           とりあえずやれることを。

これ以上、対策が思いつかない。あまりのショックに、いっそパーツをマルッと下取りに出して買い換えようかとか考え始めるが、今まで以上にサクサク動くようになり、また、ブルースクリーンの発生回数も以前と違い五日に一回くらいになってるのも事実なので、やれることをしながら、何度目かの様子見をすることに。

まず、ソフトを整理。
 ・不要なソフトをアンインストール
 ・ドライバーを最新版に更新。
ここまでをまずやることにした。

特に、以前のマシンでカラーマネジメントを試行錯誤したプロセスで、いろいろな関連ソフトがインストールされている。中には、Windows10ではまともに動いてくれなかったり、そもそも、測定器すら認識してくれないものもある。Windows7環境なら何の問題もない素晴らしいソフトたちだったが、ドライバーの不整合ですらブルースクリーンの原因になる状況下ではリスクになりうる。これを機会にアンインストールすることに。と、言うか、音楽と写真のデータのバックアップを取り、ハードディスク自体をフォーマットして、キレイさっぱり断捨離しまうことにした。

f:id:ats-forldn2012:20170409090316j:plain

一度、クイックフォーマットをかけて、ソフトやデータが一掃されたことを確認し、再度、クイックフォーマットのチェックを外してフォーマットしなおした。2TBで5~6時間くらいかかったかな。
Windowsの設定メニューの新しいデータの保存先を、SSDからフォーマットしたHDDに設定。出来たフォルダーの中に、写真と音楽のデータを保存しなおし、音楽プレイヤーの読込先を新しいフォルダーに設定。さらに、写真現像ソフトを立ち上げて、新しいフォルダーから読込めることを確認。HDDの中がサッパリした。

f:id:ats-forldn2012:20170409090338j:plain

次に、Windows10におまけでついてくる不要なソフト。特に私がやらないゲーム関連のアプリとか、何とかならんかなと思ってたら、ディープアンインストールしてくれるソフトが見つかる。以前、ドライバーアップデートで使った、Driver Boosterと同じメーカーの10bit Uninstallerというもの。Windowsメニューでは消えてくれないX-Boxなんかもキレイさっぱり消してくれる。

f:id:ats-forldn2012:20170409091011j:plain

以上、自分が使うソフト最低限のみがある状態にして、そのソフトやドライバーを最新版にアップデート。さらに、ディスクエラーチェックや最適化を行うと、心なしか起動も早くなった。これでしばらく様子を見よう。

<ブルースクリーン頻発>           何度目かの方針、何度目かの対処。-その結果。

SSDを新品に変えて、OSをインストールしなおした翌日、寝る前にもう一度立ち上げてみようとスイッチを入れ、寂しくなったタブレットモード画面を眺めていた。

f:id:ats-forldn2012:20170405071907j:plain

すると、いきなり・・・

f:id:ats-forldn2012:20170405071930j:plain

タブレットモードの画面を眺めていただけで、ホント、何もしていない。正直、お手上げ。
一応、ブルースクリーンビューをダウンロードして記録を残す。また、ntoskrnl.exeだ。

f:id:ats-forldn2012:20170405072022j:plain

この表示は、ハードとソフトの橋渡しに問題があることが原因と言われている。
気休めかもしれないが、一応SSDドライブのスキャンをかけて整合性違反と言われているものをチェック、異常がないことを確認。

f:id:ats-forldn2012:20170405072159j:plain

f:id:ats-forldn2012:20170405072206j:plain

マザボ、グラボに引き続き、SSDを新品にした。インストールするソフトも絞った。でも、ハードとソフトの橋渡しに問題があると・・・どっと疲れた。
これ以上他に打つ手はあるのか ~ すぐには思いつかない。